店舗改装は利益向上のチャンス【改装のメリットをご紹介】

しっかり選びたい改装資金の融資先【不動産担保ローンの利点】

優先順位を考えて融資を受ける~銀行と公庫を賢く活用する方法~

紙幣と電卓

店舗の改装資金の調達をするために、真っ先に融資先として考えられるのは銀行と公庫です。それぞれの特徴を知ることで、融資先としてどちらを選ぶべきかがわかるでしょう。

改装資金調達の優先順位

公庫は、民間銀行やノンバンク系の金融機関などからの融資を受けられない人のために作られたという経緯があります。そのため、融資先としては最後に頼るべき場所というイメージがありますが、実は公庫から先に融資の申し込みをするべきという話もあります。

どうして公庫からの融資が優先なのですか?
公庫は法人から個人の幅広い事業の融資を受け付けている金融機関です。もちろん金額や条件によっては融資が難しい場合もありますが、基本的には積極的に融資による支援を行なうという使命がこの公庫にはあります。地元の商工会議所に入会することで、この公庫の紹介が受けやすくなるほか、経営指導や法律関連の相談ができるなど、経営者にとって多くのメリットが得られるのでオススメです。
銀行から先に回った方がいいのではないですか?
創業前であれば、銀行での審査は創業計画書の内容で判断されるため、銀行から融資を受けてもよいでしょう。しかし、すでに開業をしている状況であれば、自己資金の額や事業計画について厳しくチェックされるため、融資が受けづらくなるのです。経営が軌道に乗っており、順調に黒字を出せている状況なら問題はありませんが、融資を受けたいとする多くの人は経営状態が厳しい人ばかりでしょう。資金も少なく業績も伸び悩んでおり、事業計画の遂行が難しいと判断されれば、すぐに融資を断られてしまうのです。開業しており、なおかつ業績が不安定であれば、銀行より先にまずは公庫で融資を受けるようにしましょう。

銀行から融資を受ける場合

銀行で融資を受ける場合、都市銀行よりも信用金庫などの方が融資を受けやすいとされています。その理由を以下に記載しています。

都市銀行
都市銀行は、東京や大阪など大都市に本店がある、全国的に支店を展開している有名な銀行です。中小企業や個人との取引も行なってはいますが、融資となると基本的に大口融資であるため、個人経営のお店だけでなく、中小規模の企業ですら審査を通過するのは難しいでしょう。個人経営の店や中小企業でも融資を受けやすいのが、地方銀行です。各地域で活動しており、都市銀行に比べれば融資を受けやすいです。ただし、地方でも大型の銀行は都市銀行並に審査が厳しい場合があります。さらに、無担保・無保証ですと都市銀行でも融資が受けられないこともあるので、融資を受けるにはきちんとした対策を講じましょう。
信用金庫
信用金庫は地域に密着した金融機関です。銀行は株式会社として経営がされていますが、信用金庫は地域の繁栄・相互扶助を目的とする共同組織なので、地方銀行よりも丁寧に対応をしてくれます。最近では融資の申し込み書類の記入を代行してくれることや、日本政策金融公庫と連絡を取りながら融資依頼をサポートしてくれるため、初めて融資を受けるという人には心強いです。1,000万以内の融資であれば柔軟に対応してくれるので、中小企業や個人商店であれば信用金庫との関係性を築くとよいでしょう。

融資前にまとめておく情報

念頭に入れて欲しいのが、銀行・信用金庫に関わらず、どの金融機関でも重視するのが「融資を受ける人にきちんとした返済能力があるか」といったことです。融資とはお金の貸し借りであり、お金の貸し借りは個人間でも「信用」がなければ行なうことはできません。誰でも口先ばかりで信用ならない人物に大金を貸すことはできないでしょう。それは個人間だけではなく、企業同士の貸し借りでもいえることなのです。銀行や信用金庫は、融資を受ける人物が信用できるかどうかを確かめるため、必ず審査を行ないます。審査の内容は、お金の使い道や、事業計画での売上目標や返済計画の具体的な数字、自己資金の額なども尋ねられます。しっかりと口頭で説明すると同時に、自分でまとめた資料を提出するなどして銀行・信用金庫からの信用を勝ち取りましょう。

融資を受ける流れ

以下に融資を受けるまでの大まかな流れを説明しています。計画的に融資を受けるために、こうした流れはしっかりと把握しておきましょう。

申込

銀行での申し込みの場合、手紙や電話で行なうほか、最近ではウェブサイト上の申し込みフォームからでも行なうことができます。経営者個人の住所氏名・年齢・電話番号およびメールアドレス・年収などを伝えましょう。また、店舗の所在地や電話番号、創業年月日についての情報も必要となる場合があります。日本政策金融公庫で融資を受ける場合ですと、郵送での申し込みかネットでの申し込みが行なえます。連絡をした後、借入申込書が郵送で届きます。預金通帳・個人証明書・確定申告書(控)・住民票の写しなどの必要書類と一緒に提出することで申し込みは完了です。

審査

銀行では2段階の審査を行ないます。一次審査と本審査の2つです。一次審査では申込書などの情報を元に審査をする、いわゆる「書類審査」です。一次審査に合格した後、必要書類を提出し、本審査を受けます。面談での審査と書類の精査を行ない、信用できる人物かどうかを見極めるのです。日本政策金融公庫では一次審査などは行ないません。申し込みの書類を送付し、10日前後に面談での審査を行ないます。審査の結果は郵送によって知らせてくれます。

融資

銀行では、審査をすべてクリアできれば融資の契約を行ないます。印紙と印鑑、証明書を用意し、提出することで、融資実行日にお金を振り込んでくれるでしょう。日本政策金融公庫は、審査終了後に契約のための書類を郵送、または来店して提出します。必要書類は、郵送時に送られた融資のお知らせ・印鑑証明書・送金先口座の預金通帳・預金口座振替利用届けが主に必要となります。契約後、10日前後に申し込みをした人の口座へ融資金額を入金します。

改装資金の調達法を考える~公庫や不動産担保ローンの合わせ技~

店舗改装資金を調達する場合、銀行や公庫から融資を受ける方法のほか、不動産担保ローンの利用も視野に入れておきましょう。銀行や公庫の審査に落ちたという人でも、不動産担保ローンなら融資を受けられる可能性があるからです。

銀行や公庫の欠点

銀行や公庫で融資を受ける場合、最も重要となるのが「事業計画書の質」と「お店の経営状況」です。事業計画書は融資額をきちんと返済できる根拠となるため、具体的な数値と返済に向けた計画が示されていなければ融資は受けられません。また、お店の経営状況が赤字続きであれば、融資を断ってしまう場合があります。例え事業計画書で今後の事業の見通しが立てられていたとしても、現在の経営状況がはかばかしくなければ、その時点で計画書の内容も怪しくなってしまうため、融資を断られてしまうのです。

不動産担保ローンの活用で欠点をカバー

不動産担保ローンは、上記のような銀行と公庫の欠点をカバーできます。銀行系よりもノンバンクの方が融通が効くためオススメです。

改装資金以外にも活用
銀行や公庫へ提出する事業計画書では、融資の使途についてもきちんと記載しなければなりません。計画書に書いた使い道以外に融資のお金を使うことはできないので、改装資金以外に費用の問題が発生した場合、消費者金融などから随時借りることとなります。複数からお金を借りれば当然負担も大きくなるため、多くの経営者は不安を覚えるでしょう。不動産担保ローンであれば、大口での融資が受けられるだけでなく、融資の使途も自由です。改装資金だけでなく、お店の運営上のトラブルにも即座に対応できるので、経営状態が不安定なお店であれば安心して利用ができます。
回収期間が延びても安心
不動産担保ローンは最長30年での長期借入ができる上、金利も低いので、長期での借入時もトータルの負担額を抑えられるのが利点です。他にも、回収期間が延びた場合も安心できます。多くの人は、不動産担保ローンを借りた場合、返済金の滞納をすると即土地を取り上げられてしまうと考えるものです。しかし、金融会社は1度や2度回収期間が延びたとしても、即座に土地を競売に掛けるようなことはしません。返済の延滞が起きた場合、まず催促書や電話連絡によって借りた人へ督促を行ないます。その際にきちんと対応をしてくれれば、返済の滞納を認めてくれるのです。ただし、延滞が何度も起きた場合や督促にまったく応じなかった場合、担保の土地を没収される可能性があります。やむなく延滞をする場合は、必ず金融会社に連絡をしましょう。また、滞納をしてもすぐ厳しい措置をとらないからと、返済を滞らせてしまうのも問題です。1度の延滞でも本人の信用を下げてしまう場合があり、次の融資が受けられにくくなることがあります。不動産担保ローンを利用する場合は計画的にしっかり返済を行ないましょう。
TOPボタン